血の夢を見たら?夢占いでは一体どんな意味になるの?

血の夢に隠された意味とは

夢の中における血は、状況の流れや変化、運気の変化を暗示しています。基本的に血が激しく流れている場合は問題解消や厄介事の自然解決を表しています。また刃物や凶器によって血まみれになったり、血だまりを見るという夢の場合は、手術を必要とする病気や疾患になる可能性があるという警告をあらわしています。

血を飲む夢

血を飲む夢を見た場合は、思いがけない事態の好転や運気の上昇を暗示しています。
血のイメージが鮮明で量が多いほど吉夢として受け取ることができます。

血の夢に隠された意味とは

献血・採血の夢

献血や採血を受けている夢を見た場合は、実際に健康状態が悪化していることをあらわしています。少しでも体調がおかしいと思ったら、すぐに病院へ行き検査を受けるなどすると病気の早期発見になるので良いでしょう。

血がなくなる夢

血が抜かれる、または流れなくなっている夢を見た場合は、運気の低迷や凶兆を意味しています。健康面、対人面、経済面、恋愛面、さまざまな悪い出来事が想定されるので、特に注意深く慎重に行動するように心がけるようにしましょう。

まとめ

血は流れるものの象徴として、運気事態の流れを意味しています。
激しく流れている場合は、良い意味でも悪い意味でも運気が激しく動くという意味合いを持ち、血の流れが鈍ければ鈍いほど運気の停滞や低迷が考えられます。

あなたへオススメの占い記事を紹介