龍の夢を見たら?夢占いでは一体どんな意味になるの?

龍の夢に隠された意味とは

龍の夢は、人間の体の急激な変化と制御、性欲や野心を象徴しています。また、創造的な領域への飛躍や上昇を暗示しています。
滝や雷の形を龍に例えることもあり、大蛇や蛇と同様の扱いとして占う事もできます。白い龍は繁栄をあらわし、青い龍は進歩と求道をあらわしています。

龍に乗る夢

龍に乗る夢は、性的なエネルギーの上昇を暗示しています。自由自在に龍を操り、思い通りに空中を飛び回るイメージが強い夢ほど性的なエネルギーは高く、運気も強力なものとなってきます。
ですが、龍に振り落とされる夢であればチャンスを逃す暗示として受け取ることができるので、注意しましょう。

龍の夢に隠された意味とは

眠っている龍の夢

龍が眠っている姿の夢を見た場合は、あなた自身の潜在的な力や能力に気がついていないことを暗示しています。それと共に自分の潜在能力を探しだし、育て努力する必要があるというメッセージでもあります。

龍が怪我をしている夢

龍が怪我をしていたり弱っている状態の夢を見た場合は、運気が停滞しているということが言えます。
また、困難な状況が訪れる可能性が高まっているため、そのような状況を回避するように気をつける必要があります。

金色の龍の夢

金色に輝く龍の夢を見た場合は、巨額のお金を得ることが出来るということを暗示しています。
また、大きく繁栄し、発展するという意味合いもあるのでチャンスを逃さないようにアンテナを伸ばすようにしましょう。

まとめ

龍は自由自在に天を飛び回るのですが、天に昇る龍や、龍の背中に乗って上昇する夢は、とても良い夢で吉兆として占うことができます。基本的に元気な龍は幸運をあらわし、弱っている龍は運気の下降をあらわしています。

あなたへオススメの占い記事を紹介