火事の夢を見たら?夢占いでは一体どんな意味になるの?

火事の夢に隠された意味とは

火事の夢は、現実に起こってしまっては大変な事ですが、夢で見たのであれば逆夢として捉える事ができます。また、炎が勢い良く燃えていればいるほど運気の上昇をあらわしています。ですが、良いことだけではなく、火事には性的衝動を暗示している場合もあります。

激しく燃える火事の夢

勢いよく豪快で激しく燃える火事の夢は、勢い良く燃えていればいるほど吉夢となります。あなたの中にある隠された能力が、良い方向に発揮されるという暗示となっています。火事になっている場所が、あなたの言えだった場合は逆夢となり、家族や幸福の繁栄を約束するサインとなっています。

火事の夢に隠された意味とは

火事でやけどを負う夢

火事でやけどを負う夢は逆夢になっていて、仕事や勉強での成功や何かの良い知らせが届く事を暗示しています。例えば仕事や勉強などで努力した結果が成果となって返ってくるという事が起こるかもしれません。

火事を見ている夢

火事を見ている夢は、あなたの周囲にいる人物からの援助があるという事を暗示しています。ひとりで行動するのではなく、時には人の力を借りるのも手です。

まとめ

火事の夢は、基本的に逆夢と言って現実で起こってしまっては大変なことですが、夢の中で起こるのであれば非常に良い兆しがあるという意味合いを持ちます。このような夢を見ても安心して問題ありません。

あなたへオススメの占い記事を紹介