実の夢を見たら?夢占いでは一体どんな意味になるの?

実の夢に隠された意味とは

結実する実は、成功と幸運の象徴として夢に登場します。
熟した新鮮な実の夢は、運気の上昇をあらわし、美味しい果実の夢は恋愛運や金運をあらわしています。
果実をもぎ取る夢を見た場合は、好きな異性を自分のものにしたいという性的な欲求のあらわれとして受け取る事ができます。

果実が木になっている夢

果実が木になっている夢を見た場合は、健康運や金運、恋愛運それぞれが好調であることを表し、恋愛相手との愛が実ることから、子どもを授かる可能性があることを暗示しています。

実の夢に隠された意味とは

果実をもぎ取る・新鮮な果実を食べる夢

果実をもぎ取ったり新鮮な果実を食べる夢を見た場合は、好きな異性を自分のものにしたいという性的欲求が高まっていることを意味しています。恋愛運も上昇し、現在の恋愛が大幅に進展することを暗示しています。さらに仕事運や金運にも上昇の兆しがあり、今までの努力に対する収穫のチャンスの時が来たという暗示として受け取る事ができます。

果物を食べ損ねる夢

果物を食べ損ねる夢を見た場合は、性的な不満や健康運の低下を暗示しています。
ストレスや疲労が溜まっているという事が言えるので、リラックスできる環境を整えたり、休養を取ることが必要だということがいえます。

まとめ

見の夢は、実の種類などではなく、その実から受ける印象がそのまま運気の上昇・下降に影響します。

見た目や香り、味などが好印象であれば運気は上昇し、逆に印象の悪いものであれば運気に乱れがあるということがいえるので注意するよう心がけましょう。

あなたへオススメの占い記事を紹介