手の夢を見たら?夢占いでは一体どんな意味になるの?

手の夢に隠された意味とは

手の夢占いは、もっとも身近な人を象徴しています。

またコミュニケーションのシンボルでもあり、人間関係の見直しや交際の仕方など、あなたにとって忠告や警告をあわらしています。
左手は母親や女性を暗示し、右手は男性や父親を暗示しています。

握手する夢

握手する夢は、登場した身内や友人、知人があなたとコミュニケーションを取りたがっている状況を伝える夢となっています。
また、彼らの心境や身辺の変化を伝えている可能性もあります。

手の夢に隠された意味とは

 

右手・右腕の夢

右手や右腕の夢は、主に未来や期待、チャレンジやポジティブな考え方を暗示しています。
気持ちが前向きだということなので、自信を持って進んで行きましょう。

左手・左腕の夢

左手や左腕の夢は、主に過去、内相、失意、ネガティブな思考を暗示しています。気持ちが後ろ向きになっているので、どこかで転換し、前向きになれるよう努力してみましょう。

大きな手の夢

大きな手の夢を見るのは、幸運や報酬を暗示しています。
運気は上昇し、思わぬ収入や報酬が入ってくる可能性があるためチャンスを逃さないように注意深く生活するようにしましょう。

手を洗う夢

手を洗う夢の場合、その時に登場した人物に対して避けたいという気持ちがあるということを意味しています。
関係の進展が見い出せていないため、停滞している状況を打破するよう心がけましょう。

まとめ

手は対人関係においてのコミュニケーションを暗示しています。
忠告や警告的な内容が多いため、手の夢を見た場合は実生活に注意を払い、悪い状況を良い方向へ転換できるよう意識すると良いでしょう。

あなたへオススメの占い記事を紹介