好きな人の夢を見たら?夢占いでは一体どんな意味になるの?

好きな人の夢に隠された意味とは・

どんな夢だったかで夢占いの解釈は変わってきますが、例え夢でも好きな人をみることが出来たら、幸せな気持ちになれますよね。
好きな人の夢は「会いたい」「仲良くなりたい」という気持ちが欲求や願望になって夢にあらわれることも多いです。

好きな人に嫌われる・逃げられる夢

この夢は逆夢の場合が多い吉夢になります。
「逆夢」とは、夢でみたことと逆のことが起こる夢のことです。
夢自体はあなた自身の「嫌われるのがこわい」という不安をあらわしたもので、心配なさそうです。
好きな人があなたのことを気になっているという暗示の夢になりますので、これから2人の距離がぐんと縮まる予感があります。
ここからのあなたからの積極的なアプローチがカギになりそうです。

好きな人の夢に隠された意味とは・

好きな人と楽しくしている夢

デートをしたり、楽しくおしゃべりしたりという夢はもっと親密になりたい気持ちの表れです。
この時の位置関係で、好きな人が正面にいて向かい合わせになっているなら、対等な関係をのぞんでいる気持ち、隣にいるなら仲間意識を持っていることの表れになります。

最近会えていない好きな人の夢

最近会えていない好きな人とのことを夢に見た場合は、ただの願望だけではなく、夢の中で会い、話しをすることで不安な気持ちを打ち消そうとしているのかもしれません。
不安な気持ちを解消するため、出来ることならすぐにでも連絡をとって会うように誘ってみましょう。
相手の方も同じように考えているかもしれませんし、そうでなくても関係が発展するといった暗示があります。

初恋の人の夢

この夢を何度もみる時には、今のパートナーに疑問を持っている暗示です。
大きな疑問ではないかもしれませんが「この人で大丈夫だろうか」という小さな不安が初恋の人を思い出させているようです。
気になることがあれば、早めに解決するようにしましょう。

あなたへオススメの占い記事を紹介