雨の夢を見たら?夢占いでは一体どんな意味になるの?

雨の夢に隠された意味とは

夢の中における雨は、忍耐を象徴し、忍耐を必要とする状態や、勉強や仕事でのスランプを暗示しています。夢に出てくる状況や登場人物によって占う事ができます。

にわか雨の夢

にわか雨に降られる夢は、その雨が激しいほど運気が上昇し、物事が順調い進んでいくという事をあらわしています。その場合、周囲の風景が見えているかどうかポイントとなっていて、雨で見えない程運気の上昇が強いということを意味しています。

雨の夢に隠された意味とは

小雨や長雨の夢

小雨や長雨の夢は、現状での問題や事態が長引いてしまう事を暗示しています。慌てて解決に挑んだとしても失敗する可能性が高くなってしまうだけなので、じっくりと慎重に取り組むように心がけるようにしましょう。

雨に濡れる夢

雨に濡れた事が印象的な夢には、持病や疾患の意味合いを含んでいる事が多くあります。特に濡れてしまった部分に症状があらわれるので注意しましょう。

雨でずぶ濡れになる夢

雨によってずぶ濡れになったことが印象的な夢は、運気の停滞感を意味しています。何をやっても進展しないという暗示なので、無理な行動や、いつもと違う行動は極力避けるように意識しましょう。

まとめ

雨の夢は忍耐の象徴です。雨の強さ、降っている時間の長さ、風景、濡れた事が印象に強く残っているかどうかで運勢を占い事ができます。また、忍耐している状況を意味しているので、気持ちをリラックスさせ、ストレスを解消することも大切です。

あなたへオススメの占い記事を紹介