虹の夢を見たら?夢占いでは一体どんな意味になるの?

虹の夢に隠された意味とは

虹の解釈はさまざまですが、象徴的な自然現象の夢は、大きな身辺変化の前触れとして占う事ができます。

鮮やかな虹の夢

鮮やかな虹を眺めている夢は、膨れすぎた期待が外れるという事を暗示し、高すぎる理想を象徴しています。また色彩が単調な虹であれば健康トラブルや体調不良を暗示する事が多くあるので注意が必要です。

虹の夢に隠された意味とは

夜に虹がある夢

夜なのに虹が見える夢は、急激な身体的変化や運気の低下をあらわしています。きちんとした生活や健康管理によって低下を抑える事ができるので、注意深く生活するように心がけるようにしましょう。

大きく色彩の強い虹の夢

大きく色彩の強い虹の夢には、運気上昇を意味していますが、その反面身体機能の低下をあらわしています。良い出来事はあるのですが、体調には気をつけるようにという真逆の出来事があるという意味合いが込められているので注意するようにしましょう。

まとめ

虹の夢には、基本的に青空に爽やかな虹の場合は運気が上昇するという意味合いがあり、暗い景気の中に色彩の薄い虹の場合は運気の低下と健康トラブルをあらわすという特徴があります。ですが、あまりにも色彩が強すぎ、眩しいくらいの虹であれば、疲労や心労を意味する場合もあるので注意しましょう。

あなたへオススメの占い記事を紹介