川の夢を見たら?夢占いでは一体どんな意味になるの?

川の夢に隠された意味とは

夢にあらわれる川は、あなたの感情あらわしています。水が澄んでいれば精神状態は良好であると言えます。海や雪、湖など水に関係するシンボルは、対人や恋愛感情をあらわしている事が多くあります。

大きな川や流れのある川の夢

大きな川や、流れのある川の夢には、あなたの運勢状況を暗示している場合があります。川が大きく流れが強いほど運勢は良い流れにあり、その逆であれば運勢は悪い流れにあるという事が言えます。

川の夢に隠された意味とは

川岸や対岸の夢

川岸や対岸が印象深い夢の場合、状況によって意味合いが変化します。川岸や対岸で立ち止まっているのは、立ち往生をあらわし、現状で迷いや弱気な状況を反映しています。対岸を見ている夢であれば、次の目標や困難な状況に立ち向かう気持ちがあり、正念場だということが読み取れます。

河原の夢

河原で遊んだり水につかる夢は、現状の疲労やストレスを抱えている状態を反映しています。

小川を渡る夢

小川を渡る夢には、ちょっとした運気の切り替わりがあるということを意味しています。人生に関わるような大きなものではなく、意識しなければ気が付かない程度の変化なので、特に深く注意する必要はありません。また、マンネリ化した現状の交友関係や恋愛面において変化を求めている気持ちがあるという意味合いもあります。

まとめ

川は、あなたの感情をそのまま反映して夢にあらわれることが多くあります。またその大きさや流れによって運気の流れも読み取る事ができ、水の状態に良い印象か悪い印象であるかによっても現状でのあなたの感情がどのような状態にあるのかを判断することができます。

あなたへオススメの占い記事を紹介