空の夢を見たら?夢占いでは一体どんな意味になるの?

空の夢に隠された意味とは

空は魂の自由を象徴し、心と体が自由になることや、束縛を受けないことを意味しています。予知夢の場合は、天国、人智の及ばない世界、死の世界をあらわすことがあり、空の青さや印象によって意味合いが変化します。

青い空の夢

青い空が印象深い夢には、誰かの死や大往生、安楽死をあらわすことが多くあります。死の中でも幸福な死という意味合いが強く、天に昇る気持ちをそのまま象徴しています。また、晴れ渡った青空の夢には、運気の切り替え時期であり、ポジティブない見での運気の変化やチャンスを暗示しています。

空の夢に隠された意味とは

空に浮かぶ雲の夢

空に浮かぶ雲は、夢の中で現状での不安や心配事を意味しています。雲が多ければ多いほど不安が多く、少なければ不安も少ないという事が言えるでしょう。

曇り空

曇り空の夢は運気の停滞を反映しています。雨が降って来そうな曇り空を見るのは、波乱な出来事の予兆となり、暗雲はネガティブな運気を暗示しています。また雷雲があり、雷が落ちてきそうな夢には注意が必要です。運気の大幅な低下や、予期せぬトラブル、対人関係での問題などに対しての警告夢となっています。

空が割れる夢

星空が割れる、また空が裂けている光景の夢は要注意です。大きな環境の変化や別れ、トラブル、災難の予兆となっています。特に星空が裂ける場合は、失意や希望を失ってしまうような出来事が起こる可能性があります。

まとめ

空の夢では、空の青さ、雲の数や状態、印象によって意味合いが変化します。また人智の届かない予知夢としても見ることがあるので、夢占いの中でも特に強いメッセージ性が込められた夢となっています。

あなたへオススメの占い記事を紹介