日食・月食の夢を見たら?夢占いでは一体どんな意味になるの?

日食・月食の夢に隠された意味とは

日食とは、太陽が欠けていくという事から、大切なモノを失うことや、体調の悪化を表す縁起の悪い夢として占います。突然起こる事故や不幸、災難の予兆でもあるので要注意です。また月食の夢は、基本的に運気の低迷を意味しています。嫌な出来事が起こる可能性が高いため、夢を見たあとは暫くのあいだ行動や態度には気をつけるようにしましょう。

月食を見る夢

月食を見る夢は、あなたが大きなダメージを受けるということを暗示しています。運気の低迷により直感が衰えてしまうので判断力にも影響します。しばらくの間は大きな決断は避けるよにし、堅実に過ごすようにしましょう。

日食・月食の夢に隠された意味とは

日食を見る夢

夢に出てくる日食に嫌なイメージであったり悪い印象がある場合は特に要注意です。恋愛関係や夫婦関係にライバルがあらわれることを意味しています。また仕事や勉強などで周囲の人物から足をすくわれるような出来事であったり、運気の低下や、隠し事がばれるなど悪い事がつぎつぎと起こるという警告夢として受け取る事ができます。夢の中でも特に危険度の高いものなので要注意です。

日食や月食を見て不快な夢

日食や月食があらわれ不快な気持ちになる夢を見た場合は、何かトラブルが起きるという前触れだということを暗示しています。トラブルの内容として、家族に関する可能性が高いです。また、家の何かが壊れてしまうことを意味する場合もあるので注意が必要です。

まとめ

日食や月食の夢は悪い意味合いの場合が多く、運気の急激な低下や体調の悪い変化に対する警告となっています。また親しい人物からの悪い知らせなども考えられるので、慎重に物事を進めるようにしましょう。

あなたへオススメの占い記事を紹介