竜巻の夢を見たら?夢占いでは一体どんな意味になるの?

竜巻の夢に隠された意味とは

竜巻の夢には、周囲の些細なミスから引き起こされるトラブルに巻き込まれる事を暗示しています。もし竜巻を眺めている夢であれば、身近で起こる可能性がありますが、あなたに直接関係するものではありません。予知夢としても見ることがあり、特に空に関するトラブルの場合があるので注意するようにしましょう。

竜巻を静かな気持ちで見ている夢

竜巻を遠くから静かに眺めている夢は、もしアクシデントが発生したとしても、騒がず冷静に対処できるということを暗示しています。あなたは、周囲の人々から何事にも動じずクールな印象を持たれている可能性があります。

竜巻の夢に隠された意味とは

恐怖を感じる竜巻を見た夢

夢の中で発生した竜巻に恐怖を感じた場合は、新しい出来事への恐怖心を暗示しています。あなたの深層心理のイメージが竜巻の夢となってあらわれるのが原因で、楽しい未来を想像している筈にもかかわらず、自分でも気が付かない不安や恐怖心を抱いているという気持ちがあるということが言えます。

竜巻から逃げる夢

竜巻から逃げる夢は、あなたが積み重ねてきた努力や経験、また貯金などが一瞬にして奪われてしまう可能性があることを警告しています。また家族や恋人と共に逃げる夢であれば、その人達を失うか、関係性が途絶えることを暗示しています。かといって死に関係するわけではなく、別れや関係の悪化を意味しているので、相手の事を思いやる気持ちを強く持つようにしましょう。

まとめ

竜巻の夢はトラブルを象徴しています。どのような気持ちで竜巻を見ているのか、竜巻自体の印象に恐怖を感じたかどうか、自分も巻き込まれたか、誰が巻き込まれたかという部分を重視して占います。

あなたへオススメの占い記事を紹介